CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< パリの映画館 | main | キューバ映画への旅 「苺とチョコレート」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「スパニッシュ・アパートメント」
パリに住むグザヴィエは大学で経済学を専攻した後、卒業を控えた学生で、就職活動の一環として父親の友人(エリート官僚っぽい)のオフィスを訪ねる。すると、EU統合の時代、これからはスペインの経済をよく知らなければいけないとアドバイスされ、一年間恋人とも別れてバルセロナの大学に留学することを決意する。空港で知り合ったフランス人脳神経科医師のアパートで世話になりながら、長期滞在のための住居を訪ね歩く。結局、住宅難のバルセロナでは自分のアパートが見つからず、様々な国籍の学生たちが一緒に生活するアパートの一室に引っ越すことになる。「スパニッシュ・アパートメント」の原題《L'Auberge Espagnole》は「ごちゃまぜ」という意味があるらしい。主人公グザヴィエは、この異国に滞在しながら、スペイン人、イギリス人、ドイツ人、ベルギー人たちと国境を越えた友情を結び、恋人との心のすれ違いや、色っぽい人妻との情事(羨ましい!)など、これまでなかった経験をすることになる。

アイリッシュパブ(文章とは何の関係もありません)
僕自身もヨーロッパに留学したことがある。日本から行くことに較べたら、フランスからスペインまでなんて、たいした距離ではないと思うのだが、故郷を離れて異国に生活するのは誰にとっても心細いらしい。主人公グザヴィエが見送りに来た彼女と空港で別れる瞬間の、あの後ろめたい気持ち、僕自身も経験があるからよくわかる。別れの言葉を言った後、あんな風に一人になってから、涙がとめどもなくこぼれるものなのだ。

この作品は、題名の通り“ごった煮”状態でまとまりに欠けるところがある。たとえば、イギリス人女性(ウェンディ)が自室である男とイチャついているとき、故郷から本命ボーイフレンドが訪ねてくるシーン。力が入っているわりには盛り上がりに欠ける。しかし、このごちゃまぜは好感が持てる。笑いとペーソス、優しさと哀しさが混じり合った不思議な雰囲気に魅せられた。まさに人は故郷を離れることで、実に多くの貴重な体験を持つことができるのだ。作品を見終わった後、人間を愛さずにいられない気分になった。映画館を出て、週末に街の通りを行き交う人を見ながめながら、人間がいとおしくなってくる。いい映画を見た後はいつもこういう目からウロコが落ちた気分になれる。「百貨店大百科」「猫が行方不明」「家族の気分」など人間味のあるコメディー作品をつくるセドリック・クラビッシュ監督は、この作品でもさすがと思わせる力量を見せてくれた。

ところで、偶然は重なりあう。4月18日に中国の記録映画「鉄西区」を見て、昔働いた現場の様子を思い出した。その後、鹿島石油で事故があった話をここに書いたのが21日。フランスの映画館のことを書いたのが翌日。不思議だ。というのも、だいぶ前に日本各地の製油所で工事作業員をしながら貯金した金で、海外へ語学留学したのだった。それで今日は、この仏映画「スパニッシュ・アパートメント」で見て、海外生活の思い出がいっぱい甦った。こうして、ばらばらに見えたことが一本の糸でつながった。
| 2004年4月の映画 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:49 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/70
トラックバック