CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 映画『ユナイテッド93』 | main | きばらし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画『カーズ』 大人のためのCGアニメ
カーズアニメーション映画は守備範囲外と、いつも思っているのに、つい「カーズ」を見に行く気になった。「カーズ」は、「MR.インクレディブル」や「ファインディング・ニモ」と同じくピクサーの製作アニメ。アップルコンピューターの創設者スティーブ・ジョブスについての本を読んだ後なので、一度アップルから放り出されたジョブスが育てたピクサーという会社のことが気になったのだった。

この「カーズ」、予想外に面白いと思った。というか、すっごくよくできている。登場するキャラクターがみんな“車(カー)”という奇抜さ。最近、動物が人間くさく話すアニメが多くてうんざりしていたら、なんと“車”がぱくぱく口を開けて話している!未来に夢を描く車もいれば、落ちぶれた車もいる、ささやかな努力の成功に喜ぶ車もいれば、生意気な車もいる。各キャラクターの作りが実に上手い。そしてストーリーは古典的なアメリカ映画を見るよう。

レースシーンの迫力も凄かった。あの流動感、質感、巧みな空間構成。また、主人公ライトニングに立ち寄る田舎町の雰囲気もいい。時代の流れに取り残された街、そこにいきる“車たち(カーズ)”とライトニングとの出会い。

「カーズ」で監督・脚本をてがけ、ピクサーの幹部であるジョン・ラセターの才能に脱帽。
| 2006年8月の映画 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:56 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/575
トラックバック