CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 奥田シェフ、落合務にほめられた | main | 映画「さくらん」のチラシ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Google誕生 』
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスター今でも始めてグーグルで検索したときの驚きを覚えている。知り合いの会社にいったら、「これで検索するといいよ」と教わったのは、アルファベットで”Google”と書かれて検索フォームがあるだけの真っ白いページ。最初は安っぽいと思ったのだが・・・すでにそのころ、Yahoo!の人間手作業分類や、他のサイトのロボット検索に、僕は大きな不満を感じていたので、その優秀さにものすごくびっくりしたものだった。インターネットを使いこなせば、使いこなすほど、グーグルのありがたみがわかってくる。

こうしてグーグルに魅せられて、1日何度も検索する日々が続いた数年後、グーグルに広告が載るようになったのを知ったときには、失望の度合いはかなり大きかった。初期の広告サービスではスポンサーサイトと普通の検索結果リストの違いがわかりにくかったこともあるが、「グーグルよ、お前もか!」と恨んだことも覚えている。今ではこれも定着して、個人のHPが広告をのせて、小遣い稼ぎができる(僕は稼いだことないが)グーグルアドセンスというのも登場している。

初期から今までのグーグルの変遷が、自分とインターネットとの関わりに大きな位置を占めていることを、この「Google誕生  ガレージで生まれたサーチ・モンスター」を読んで再確認したと思う。創始者サーゲイ・ブリンとラリー・ペイジ、なんというスケールの大きい事を成し遂げたのだろう。株式上場する前もした後も、彼らの理念が揺るがないことがグーグルの大きな魅力になっていると思う。

そういえば去年シアトルに旅行したときは、ちょうど新聞などがグーグルの株価が一時的に下がったことを取り上げていたっけ。「グーグル誕生」は私企業と呼ぶにはちょっと特殊なグーグルの経営についても大きな知識を与えてくれる。今はちょっと巨大になりすぎているきらいもあるけど。この本が面白かったせいで、マッキントッシュなど別の企業の成立の歴史についても知りたくなってきた。とりあえず、次は「スティーブ・ジョブズ」についての本だ。
| 気まぐれ読書 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/567
トラックバック
「プロ経営者の条件」折口雅博
ゼロから10年で東証1部上場企業を創った男の哲学。折口雅博著 「プロ経営者の条件」の
| 本から摂ろう!!人生のサプリメント | 2006/08/20 8:43 PM |