CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 映画『キングス&クイーン」 | main | 奥田シェフ、落合務にほめられた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ラグース Ragus」アイリッシュダンスショー
アイリッシュダンスショー「ラグース」を日本公演の初日(6月30日)になかのZEROホールでみることができた。アイルランドの西海岸からさらに沖合に浮かぶアラン島を拠点にして活動するグループ。

アラン島といえば、草創期のドキュメンタリー「 Man of Aran / アラン」(ロバート・フラハティ監督)の舞台になっている島。もともと漁師が着ていたという独特の文様セーター、アメリカ人をはじめとする多くの外国人が夏の間訪れる観光地、古代遺跡があって、痩せた土地しかない辺境の地、、伝説に満ちた風土・・・僕は一度、この島に観光で行ったことがあった。あのときはまだアラン島を拠点にする「ラグース」は結成されていなかった。

知り合いから借りてビデオでみたラグースについて感想は以前書いていた。また、ある年には都内の観光イベントの仮設舞台で演じていたことも。2006年になってようやく生舞台の「ラグース」見られた!深い感慨に耽って、その夜は友人と居酒屋で盛り上がったことはいうまでもない。

「Ragus ラグース」とは「衝動」、「欲望」という意味らしい。このショー、とってもシンプルで素朴。アイリッシュダンスと聞いて「リバーダンス」を思いうかべる人にしてみれば、「ラグース」はなんとも田舎っぽいというか・・ その田舎っぽさが「ラグース」の美徳だ。

この公演は絶対に小さな劇場で行われるべきだ。舞台にいるダンサーと客席との距離がとても密接に感じられる。「リバーダンス」はアイルランドという特定の地域を超えて空間と時間の広がりを感じさせる。広い舞台に写し出される「ケルト的宇宙観」!といったらちょっと大げさになるけども、ダンサーは大勢だし、その洗練されたみせかたはさすがだと思う。

それに較べて確かに「ラグース」は洗練されていないが、その魅力を挙げれば、単刀直入にこうだ。
*背筋が伸びてお行儀のいい姿勢お姉さんダンサーたちが長い足を上げたり下げたり。はたまたぴょんぴょん飛び跳ねたり。そういうのが可愛らしい!
*粋がった感じのあんちゃんダンサーたちの足さばきが超人的に速い!
*ダンス音楽を演奏するだけと思っていたミュージシャンたちが勝手に盛り上がって、延々と同じメロディを演奏し続けるのが愛嬌があって可笑しい!
実際、中野のホールではアイリッシュダンスを初めて見るらしいおばちゃん、おじちゃんたちが拍手喝采で盛り上がっている瞬間が多々見受けられた。

このハートウォーミングな雰囲気を楽しむには、アイルランドの有名な歌“Green grow the Rushes"の歌詞を覚えていくといいでしょう。きっとミュージシャンのリーダーが歌え、歌えと観客に誘いかけるに違いないから。
Green grows the rushes,
Green grows the rushes,
The sweetest hours that ever I spent
Are spent among the lassies,

There's naught but care on every hand
In every hour tha passes,
What signifies the life of man
If it were not for the lassies,
......
(アルタンのアルバム「another sky」から抜粋)


Ragus the Show Official Site
| 舞台をみつめて・・ | 23:41 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/565
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/03/24 4:33 PM |
and telecom italia
「ラグース Ragus」アイリッシュダンスショー
| and telecom italia | 2007/04/29 11:35 AM |