CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 「ダーウィンの悪夢」の試写会だって!? | main | 「ラグース Ragus」アイリッシュダンスショー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画『キングス&クイーン」
マチュー・アマルリック映画「キングス&クイーン」(製作:2004年、フランス、150分)
監督:アルノー・デプレシャン
出演:エマニュエル・ドゥヴォス、マチュー・アマルリック、カトリーヌ・ドヌーヴ、他

人生って、この「キングス&クイーン」と同じように、飛躍に満ちているもんじゃないかな、と思う。どうみても思慮深い老知識人に見えた父親が癌で死ぬ直前にあんな残酷な言葉を娘に書き残したなんて!死別した夫の子供を育てるノアはその最初の夫との間にも悲しい諍いを起こしていて、彼女はその事実をひたすら胸の中に包み隠している。ヒロインに降りかかる出来事があまりにも思いがけなくて、その突拍子のなさが“喜劇的”にさえ感じられる。「キングス&クイーン」はそんな悲しいような、可笑しいような、飛躍に満ちた人生を描いた映画。

どちらかといえば不器用に生きるヒロイン、ノラが経験するのはつらいことばかり。でも、全然重苦しい雰囲気はない。オープニングとラストでは、ノラを演じるエマニュエル・ドゥヴォスが車を降りたって、実に軽やかにパリの街中を歩いていた(と思う)。そこに流れていた音楽は、昔オードリー・ヘップバーンが歌った「ムーン・リバー」のメロディー。2時間半近くある「キングス&クイーン」が時間の長さを感じさせないのは、その軽さやコミカルさもあって、ノアの2番目の夫を演じるマチュー・アマルリックの演技もそれに大きく貢献している。

2年前の横浜フランス映画祭でミーハーにも近づいてサイン会風景を撮影したのが実は上の写真。フランス映画祭で最高にカッコイイ俳優だと僕は思っているんだけど。煙草をくわえているところなんか実にいいなぁ。このアマルリックが演じるイスマエルがまた精神病院に入るなど、心の問題を抱えている。これって、「やわらかい生活』とも共通点がある。ただ、フランス映画だけあって、登場人物は自己出張がやたら強い。寺島しのぶ演じるヒロインも顔負けだ。「キングス&クイーン」というタイトルの意味はよく知らないけど、きっとみんなが「オレ!」、「ワタシ!」と我を張って国王や王女のように振る舞っているので、そんなタイトルにしてのかな?などと思っている。

また、デプレシャンの映画の独特の軽やかさは、物語の繋がりの突拍子のなさだけでなくて、編集時のカットの奇妙な繋ぎ方にもあると思う。奇妙というのは、ハリウッド映画にあるような滑らかさなくて、「え?」と思わせる突発的なカットがさりげなく挿入されているということ。普通だったら、こうは繋がないよねぇと思わせるシーンがいくつかあった。

日頃から大好きなエマニュエル・ドゥヴォスとマチュー・アマルリックが共演しているこの作品は去年の6月初めにパリの映画館で見ていたけど、改めて日本語字幕で見られてよかった。
| 2006年6月の映画 | 21:36 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - |
コメント
こんばんはー。
今年の上半期のmyベストです♪
日仏の特集上映で観て感嘆し、一般公開後にもう一度観て、やっとレヴューを書いたのでトラックバックさせてもらいます。
生マチューうらやましいです。
上の写真、すごくいい表情ですねー。
| かえる | 2006/07/23 1:39 AM |
かえるさま
こんばんは!お返事遅れてすみません。ブログ活動さぼってました。

マチュー君、背も高くないし、いわゆる美男子っていうのと違うけどい、すっごくいい雰囲気を漂わしてました。横浜で行われた前回のフランス映画祭・・・って思ってたけど、よく調べた2002年でした。あははは、ずいぶん昔ですね。でも、あのころも、今も変わらず、カッコイイです。大好きなフランス人俳優です。スピルバーグの「ミュンヘン」にも出てましたね。

かえるさんの「キングス&クイーン」の感想詳しくて参考になりました。また、よろしく!
| jokigen | 2006/07/26 12:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/564
トラックバック
『キングス&クイーン』
人生というものを描いた濃密なフランス映画たるフランス映画。 アルノー・デプレシャンとマチュー・アマルリックに惚れた。「ムーン・リバー」それは、なんて映画的な音楽なんだろう。そして、主人公ノラを演じるエマニュエル・ドゥヴォスの登場。台本には"スキャンダ
| かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2006/07/23 1:34 AM |