CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 映画「盲獣vs一寸法師」 | main | アイリッシュ・ダンス・ショー 「ラグース」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「パーティ☆モンスター」
ドラッグ系の世界は自分に合わないのか。主役の二人、ホームアローン」のマコーレー・カルキンと「オースティン・パワーズ」のセス・グリーンのおしゃべりにほとんど興味が持てなかった。後半に登場するクロエ・セヴィニーで少し救われる。美術や音楽が魅了的というわけでもなく、麻薬にはまった若者たちをじっとみつめ続けなければならない虚しさばかりが残って、後味が悪かった。僕が見てはいけない映画だったらしい。
| 2004年4月の映画 | 01:02 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 01:02 | - | - |
コメント
クロエの情報!です。。!!☆☆!♪
| クロエ | 2007/10/29 1:46 AM |
クロエの情報!〜。☆!♪
| クロエ | 2007/11/16 2:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/56
トラックバック
パーティ★モンスター / Party Monster (2003・米)
★★☆☆☆ 99分/カラー 監督・脚本:フェントン・ベイリー/ランディ・バルバート 原作:ジェイムス・セント・ジェイムス 出演:マコーレー・カルキン/セス・グリーン/クロエ・セヴィニー ドラッグ、クラブカルチャー、ゲイ、友情、成功と没落、殺人事件と面白く
| HALa9000s CINEcolumn | 2004/05/25 1:16 AM |