CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 映画『デスノート ≪ 前半 ≫』 | main | 知らないうちに LOHAS してました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
これまでみた映画
5月の連休明けから、たいした映画の感想文を書いていない。一応、見た作品もあるので、「観た」ってことだけでも記録したくて・・・・。感☆の数で動の度合いをあらわしただけの、かなり省エネモードの記述。

ファーザー、サン ☆☆☆☆
時に夢幻的、時に生々しく、瞑想の世界に迷い込んだような世界に、理由は説明できないけど、僕はすごく憧れる。ポルトガルの海辺の街で撮影された不思議なロシア映画。ソクーロフが産み出した独特の世界。

プルートで朝食を ☆☆☆☆
こういう映画を撮ってくれたニール・ジョーダン監督に乾杯!ギネスを一晩で10パイント飲んだみたいにお腹いっぱいにしてくれた。愛だよ、まさに愛!
心優しきキトゥン(パトリック)を演じたキリアン・マーフィーの演技の素晴らしさ!僕も嫌いなやつに香水シューシューして、やっつけたいなぁ。

グッドナイト&グッドラック ☆☆☆
思い切って現政治に対する批判的報道をしたあと、スタッフが揃ってパブで翌朝の新聞を待つ間の緊迫感。渋い!これぞ”大人の仕事”だ。マッカーシズムというアメリカ現代史の興味深い断面を描いた佳作。

花よりもなほ  ☆☆☆
時代劇にしては、ずいぶん現代的な会話が行き交うなと感じながら、それがちっとも欠点に見えなかった。岡田准一、ほかの役者がみないい味を出していたと思う。

親密すぎるうちあけ話 ☆☆

ナイロビの蜂 ☆☆

ココシリ ☆
香港の暴力団がチベットを舞台に抗争しているみたいな映画でした。麻薬がカモシカの毛皮に変わって、奪い合っているような・・・環境保護というとってつけたようなテーマがわざとらしい。

インサイドマン ☆
冒頭にインドの歌みたいのが流れだしたときから、どうも好みじゃないな、と思ったけど、やっぱりそうだった。ある意味で、いかにもスパイク・リーらしい映画だけど。
| 2006年6月の映画 | 18:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:01 | - | - |