CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< カルガモ親子とおでんくんのそっくりさんに出会ったの巻 | main | Death Note デスノート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Crash! クラッシュ!消えた銭湯
弁天湯のあと

“憩いの場”でもあった銭湯がなくなった。

ガシャン!ガシャ、ガシャ、ガシャ!!ドスーン!
趣のあった瓦屋根の日本家屋は、轟音とともに崩れ去った!

いや、実を言うと、音なんか聞こえなかった。シートで囲われた敷地内で、物音もたてずにこっそりと作業が進み、ある日曜日に窓から見たら銭湯がなくなっていた。
4月になって営業しなくなって、ワンルームマンションにやがて建て変わるということは聞いていた。が、解体作業がこんなに簡単に進んでしまったとは。風呂屋の名前が縦書きされた煙突のみが立っていた。解体が難しいので最後にしたのか?いっそ記念に残しておいたらいいのに。

ああ、今年の正月元旦にも”初風呂”にはいった。日曜日の夜は毎週のように、銭湯で足を伸ばして風呂に浸かるのが楽しみだった。思えば懐かしいもの・・・・・。
弁天湯
冬の朝の銭湯の入り口(2006年1月22日撮影)
| 日記 | 23:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - |
コメント
こんにちわ。
銭湯が大好きな自分にとって消えていくのは寂しいです。
銭湯がなくなるとマンションになるケースは多いですね。
家の近くにあった数件の銭湯はすべて今はマンションです。

「銭湯」は絶滅危惧種入りにしても不思議ではないでしょう(笑)

ではまた

| culty | 2006/06/18 12:00 PM |
cultyさん、こんにちは。
銭湯はもともと民家の建ち並ぶ人口密度の高いところにあるので、土地の利用価値が高いのでしょうか?中にはマンションの1階だけを銭湯として使っているところもありますね。ええと、確か東京の半蔵門にあって国立劇場へ行くときに見かけるところ・・・そう、「バンドゥーシュ」でした!皇居でジョギングするひともはいって汗を流すそうですよ。いいな、こんな感じでのこっている銭湯があるなんて。
ではまた。
バンドゥーシュ  http://www.enjoytokyo.jp/id/s2/12097.html
| jokigen | 2006/06/27 11:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/555
トラックバック