CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< カルティエ現代美術財団コレクション展 | main | 今村昌平死去 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「嫌われ松子の一生」〜人生の裏街道を駆け抜けた女
映画「嫌われ松子の一生」(監督・脚本:中島哲也/出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、柄本明、他)

東京で一人暮らしをする川尻笙のアパートに突然、田舎の父親が喪服姿でやってくる。伯母の松子が死んだことを告げられ、彼女が生前に住んでいたアパートを片付けてほしいと言われる。しかし、笙はこれまで伯母の存在すら知らなかった。しぶしぶ松子の遺品を整理しているうちに、笙は彼女の奇妙な人生に興味を感じ始める・・・

下妻物語」で注目を浴びた中島哲也監督が、どうだぁ!とかなり気合いを入れて製作らしいことが、これでもかと凝った映像が続く「嫌われ松子の一生」を見て感じられる。この作品、少々長すぎて疲労感を覚えるのだが。

この映画の好きだった点
・これほど多くの登場人物が出てくるにしては、主人公との関係が簡潔明瞭に描かれていると思う。
・夕焼け空を川面に水の流れが美しい。川を眺める松子、ボートの上で唄う松子、・・・松子の人生と流れる川のイメージがオーバーラップする。
・陽気なミュージカル的演出と、主人公が生きる日陰の世界の暗さが、あきれるほど対照的。

この映画の好きでない点
・昭和の時代性が強調されている。長嶋のジャイアンツ引退、だんご三兄弟、光GENJI、・・・僕も昭和世代のはしくれとして、あ、そんなのあったよねぇと思うが、かといって別段ぴんとこない。松子の人生とその時代とのつながりも理解できない。時代設定が21世紀でも、22世紀でも、松子のような女は存在するだろうに。
・なせ“嫌われ松子”なのか。死ぬ前にボロアパートに暮らしていたとき、偏屈なので近所の住民から嫌われていたから・・・ということらしい。でも彼女の後半生はそれほどの映画で重要でないから、”嫌われ”ていたといってもピンとこない。中谷美紀が演じていた松子はむしろ愛らしい、真っ正直な女性なのに。中谷美紀が憎たらしい中年女まで演じていたら、さらに面白かっただろう。
・テレビCMをつくるように映像に凝る手法は、所詮、長編の劇映画が持つリズムとはしっくり合致しない気がする。

やっぱりコマーシャル畑からきた映画監督なんだなぁと、やや期待はずれ。「サッポロ黒ラベル」のCMも作った人らしいが、鑑賞後のビールはあまり旨くなかった。中島監督の意欲作だとはわかるが、ストン!とは腑に落ちない作品だった。

仕事帰りに本屋に立ち寄ったら、「嫌われ松子の一生」の原作小説が目立つところに置かれていた。冒頭を立ち読みすると、発端の松子の死体が見つかる場所が違う。映画では荒川の河川敷だが、小説では彼女のアパートの部屋だった。ということは、ラスト近くの死因の説明も異なるということだろう。脚本も書いた中島監督の意図では、やはり「川」が重要だったようだ。確かに、松子が川を眺めるシーンはこの映画のもっとも印象的なところのひとつだったと思う。

こういうメロドラマっぽいところが好きだった一方で、中谷美紀が演じる場面のいくつかで、かなり気恥ずかしい思いもする。これってディズニー映画?「オズの魔法使い」かなにかのパロディ?いや、まあ僕はミュージカルとか好きなんですけどね。結局、こういう乾いた笑いが今の時代に似合っているのかな・・・世の中の人はどう思っているのかしらん?
| 2006年5月の映画 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/551
トラックバック