CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< フランス映画祭2006、3月18日(土曜日) | main | ミヒャエル・ハネケ監督「隠された記憶」〜「衝撃のラストカット」って何なのかな? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フランス映画祭2006 3月19日(日曜日)
フランス映画祭パンフレット朝10時に新橋のスタバで知り合いと待ち合わせ、そこからゆりかもめで会場に向かった。昨日の六本木9時集合に較べたら、ゆっくりコーヒーが飲めて楽ちん。
この日はずっとお台場のシネマメディアージュで4本の作品を見続けた。建物には家族連れやカップルでごったがえしていて、ちょっと座って休憩する場所をみつけるのにも苦労した。

優しい女 GENTILLE (超私的評価:★☆)

お気に入りの女優、エマニュエル・ドゥヴォスが主演しているので朝から出かけて観た作品。彼女のキャラはよく発揮されていたし、ハートウォーミングなシーンもあるけど、全体にテンポがのいのでは?最後に、ドゥヴォスのうんこをみることになるとは!予想しなかった。

THEY CAME BACK(邦題『奇跡の朝』) (超私的評価:★★☆)

死者らがある日蘇生して、生者の世界に戻ってくることでひき起こされる人々の戸惑いと不安を描いた作品。
「ふたりの5つの分かれ道」にもでてきた美しい熟女、ジェラルディン・ペラス主演。こういう女優さん、好きなんだよなぁ。彼女が自動車事故死のあとで蘇生した夫と再会して家に連れ戻すシーンでちょっと驚いた。5度も体温が低い男とセックスをしてる!あんなの気持ちいいの?!体を触られて、おもわず「冷たい!」って仰け反るとおもったのに。あ、そこまで愛していたということなんですね。なぜ?どうして?という詮索はしないで楽しむべき。ユニークな着想で死者たちの蘇りを描いた作品だった。

恋は足手まとい UN FIL A LA PATTE (超私的評価:★★)

フランスのベル・エポックに時代設定して、豪華なキャスト陣でつくられたおふざけの多いコメディ映画。率直に言って、なにが可笑しいのか、理解できなかった。シチュエーション・コメディというにはあまりにも設定が単純で、むしろ品のないドタバタ喜劇という感じ。きどってみえる貴族たちの社会のうわべの皮をはぎとって、皮肉っぽく見せている点が、現代フランス人の好みにあうのかな?なんて想像したりも・・・役者としては、口臭がひどいとみんなに嫌がられていたジャック・ボナフェが好きだ。

TROUBLE(超私的評価:★★☆)

Trouble (問題)がタイトル。2役(3役?)で出演するブノワ・マジメル君大活躍。それにしても、変な映画だ。これって一種のサイコ・スリラー映画というんだろう?画面が暗いよ!特に室内シーンがいつも暗くて辟易させられる。一応、物語にオチがあるようだけど、納得がいかないという点では「隠された記憶」以上。観客が怖がらせようという意図が見えすぎているようだ。一卵性双生児についての説明が劇中に出てくる。世の中の現実のふたごの人が見たら・・・ぷっ!って案外笑っちゃうかもしれない。でも、マジメル君の魅力のおかげでけっこう楽しめたことは確か。一言いいたいのは、終盤のクライマックスでマジメル君のファンが何人か入場してきたが、これはいかん!映画はどうでもいいから、上映後に舞台に上がることになっているマジメルを生で観たいですね?そりゃいいですよ。でも、映画を鑑賞している人への迷惑も考えてくれ!途中入場を許した劇場スタッフにも大いなる責任がある。闖入者たちに集中力をそがれて、最後に後味悪く劇場をあとにした僕だった・・・・それにしても、マジメル君兄弟のどっちが生き残ったのかな?
| フランス映画祭2006 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 10:32 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/528
トラックバック
フランス映画祭2006 総括&映画レビューリンク集
フランス映画祭2006の総括や映画レビューなどのリンク集です。 どんな映画祭だったのかな?と興味のある方はどうぞ! 映画の感想は、ものによってはネタばれ含んでものもあるかもしれません。これから公開される作品には要注意。 このエントリーは、しばらくの間随
| chat gourmand | 2006/03/21 5:12 PM |
スタバ=高い インプット。
 スタバでお昼を食べたら960円もかかった!! 時給より高いし!! うぅっ… 今日は先日出来なかったSNSの紹介をしまぁす なんか新しく出来たとこで、すっごく入りやすいの スタイルシートとか編集したりして、自分だけのデザイン作れちゃうし… Blogと
| ちえりの散々何々拍子 | 2006/03/22 11:17 AM |
as400 barcode print
フランス映画祭2006 3月19日(日曜日)
| as400 barcode print | 2007/03/24 5:32 PM |