CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 今朝の夢 | main | 「パーティ☆モンスター」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「盲獣vs一寸法師」
「ねじ式」(浅野忠信主演)を映画化した石井輝男監督による「盲獣vs一寸法師」に友人がちょい役で出演しているというので、土曜日の夜に見に行った。江戸川乱歩のふたつの小説「盲獣」と「一寸法師」とが奇妙に組み合わさっている。塚本晋也が演ずる明智小五郎を見てて、小学生のときに図書館で借りた「少年探偵団」シリーズの印象が甦える。橋本麗香のハーフっぽい顔、リリー・フランキーのぼさっとした顔つきと、そして一寸法師との間の対照が実に妙。なにげない風景にレトロな雰囲気があって、ロケーションの場所選びに苦労しただろうと想像した。また「盲獣」には増村保造監督による映画化作品もあるが、この石井輝男が登場させる盲獣役の平山久能はより怪奇的。グロテスクなシーンにもキッチュな面白さが散りばめてある。いかにも低予算で作ったデジタルビデオ映像で、商業的に成功する作品とは思えないが、映画作りの楽しさが満ちていて鑑賞してよかったと思う。

上映後には、石井輝男監督によるトークショー付きの夜だった。(盲獣が特別出演!)作品HP
| 2004年4月の映画 | 00:35 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:35 | - | - |
コメント
手前に写ってるの私です。
かなりの時間が経ってる日記に突然お邪魔してすいません。
いろいろみてるうちにこちらへ辿り着き、自分ぽいのが写っていてびっくりしまして、つい。
| たなはし | 2004/12/05 12:57 AM |
それは、後ろ姿だけとはいえ、事前許可も得ずに掲載して、失礼しました!
でも、偶然見た他人のホームページとかに自分の写真が載っていたら、どんな気持ちでしょう?たとえ腕だけとかでも、不思議な気がするはず。
よく、記念写真撮っている人の前を通り過ぎて、シャッター押した人から、変な顔されることがありますが、他人の写真に自分の姿を残される方だっていやなもんです。魂は抜き取れないと思いますが・・・
びっくりした気持ちよくわかりますね。
| jokigen | 2004/12/05 11:09 AM |
なんだか嬉しかったです。
私は名古屋に住んでいるのですが、初めて入った東京の映画館で作品もよかったし。良い思い出になってるので、悪い気は全然してないです。軽く親近感すら感じましたから。
| たなはし | 2004/12/06 12:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/52
トラックバック