CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 2005年に見た映画リスト(外国映画) | main | 初詣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2005年に見た映画リスト(日本映画)
前回の2005年に見た映画リスト(外国映画)に引き続き、2005年に見た映画リスト(日本映画)をつくってみた。僕個人としてはわりと日本映画をよく見ている方だと自認していた。しかし「日本インターネット映画大賞」のリストで印をつけてみると、意外にも見ている確率が外国映画より少なかった。ええ、こんなにたくさんの作品が制作されていたの???
そういえば、雑誌「Invitation」年末号には「日本映画はバブルなのか?」というタイトルの特集があったことが思い出される。
以下は、2005年一般公開日本映画の中で僕自身が鑑賞したもので、いちおう、その中でも印象的だった作品は、
犬猫」「運命じゃない人」「サヨナラCOLOR」トニー滝谷 」「メゾン・ド・ヒミコ」「リンダ リンダ リンダ
といった作品。
ある朝スウプは」「犬猫」「インストール」「運命じゃない人」「ヴィタール」「映画 日本国憲法」「カーテンコール」「カスタムメイド10.30」「亀は意外と速く泳ぐ」「ゲルマニウムの夜」「サヨナラCOLOR」「蝉しぐれ」「 TAKESHIS'」「タッチ」「タカダワタル的」「電車男」「トニー滝谷 」「NANA」「ハウルの動く城」「春の雪 」「パッチギ!」「まいっちんぐマチコ!ビギンズ」「真夜中の弥次さん喜多さん」「メゾン・ド・ヒミコ」「妖怪大戦争」「欲望」「リンダ リンダ リンダ」「レイクサイドマーダーケース」

上記サイトのリストには「ハッカビーズ」や「愛より強い旅」も入っていたけど、外国映画でしょ?(細かいことだが「THE JUON 呪怨」「ザ・リング2 」も同様に外国映画とした)「ゲルマニウムの夜」 は2006年の最初に見た映画。「タカダワタル的」、「犬猫」、「ヴィタール」はほんとうは一昨年末に見た映画なんだけど、「日本インターネット映画大賞」のリストに入っていたのでいれちゃいました。
さて、日本映画をもっと見てたつもりだったのにそれほどでなかった。きっとフィルムセンターなどに通って古い日本映画を見ているので、そう勘違いしたのか。多くの作品がつくられていても、作品の質が高いとは限らない。でも、それをいっちゃねぇ〜。まあ、質はともかく、2006年はもっと日本映画をみてもいいかもしれないなどと思った。
| 2005年の映画 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:32 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/484
トラックバック