CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< 追悼 石井輝男監督特集 『網走番外地 望郷編』&『網走番外地 大雪原の対決』 | main | 映画「モンドヴィーノ」で知るワインの世界 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「セクシー地帯」&「女体桟橋」
池袋新文芸座での追悼・石井輝男監督特集(10月29日〜11月11日)

「セクシー地帯」(1961年)
監督・脚本:石井輝男
出演:吉田輝男、三原葉子、三条魔子、池内淳子、他

ごく平凡な男が知らない間に犯罪に巻き込まれ、闇売春の斡旋を行う組織を相手に奮闘してしまう。きっかけは結婚の約束までしていた恋人が重役相手に売春していた(!)。しかも、それをつゆも知らなかった(!)主人公(吉田輝男)の間の抜けた感じがいい。銀座の街角で女スリ(三原葉子)と出会い、彼女が導き手になって、犯罪の全貌を知るという展開。茶目っ気があって色っぽいグラマラス女優の三原葉子がいいなぁ。絵画デッサンを表向きにしたヌードショー&デートクラブで、「私、バスト99」なんていってたけど、本当?脚本も手掛けた石井輝男の世界がキワモノでもギリギリ羽目を外さずにサスペンス映画として成り立っている新東宝時代の作品。

「女体桟橋」(1958年)
監督:石井輝男
出演:宇津井健、三原葉子、天地茂、他
派手なダンスで華やいだ銀座のキャバレー、妙に熱気のある下着&水着のファッション・ショー、カジノや高級ホテルなど、とても華やかな印象を与えるシーンが続く。実際にはそれほどお金かけてないんだろけど、さすが上手い見せ方。宇津井健と三原葉子の二人が向かい合うシーンがとてもクラシックな感じがして、まるで一昔前のサイレント映画を見ているようだった。一方で銀座のネオンサインの裏側に隠された売春をテーマにするという、世相を反映したエロ路線でもあり、実に妙な映画だなぁと思う。三原葉子が「坊や」と呼ぶ、童顔だけど老けてもいるピアニストの存在も奇妙。
統一感がとれていないようで、ちゃんと爽やかなラストで締めくくって、一本の娯楽作品に仕上がっている。
| 追悼・石井輝男監督特集  | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/457
トラックバック