CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< Live & Talk Event ジャック・ドゥミの思い出 (10月27日&28日) | main | 映画「蝉しぐれ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ランド・オブ・プレンティ
ヴィム・ヴェンダースの「ランド・オブ・プレンティ」にでてくるポール伯父さんって、「病めるアメリカ」そのもの?映画の鑑賞後に入った居酒屋で友人と話していた。この映画、かなり疲れたのは事実。う〜ん、この場合、物語の面白さを求めてはいけないんだろうね。やっぱりヴェンダースだからねぇ・・・それにしても、腑に落ちないのは、アメリカ生まれでアフリカやイスラエルのヨルダン川西岸地域で育ったという奇妙な姪のラナ。彼女の汚れのない美しさや無垢さに、アメリカ再生へのわずかな希望の光を見いだしてる、ということ?

ベトナム戦争に出兵したポールは、当時使用されたオレンジ爆弾の後遺症と、戦争体験によるトラウマに苦しんでいる。彼は我が合衆国が外敵に脅かされていると、アラブ人は見ればテロリストではないかと疑心暗鬼、爆弾を製造しているに違いないと憶測をめぐらす。まさに、9/11後のアメリカの姿。

このポールはたまたまアラブ系のホームレスが射殺される事件を目撃したことから、ますます空想が発展して混迷した世界に入り込む。孤軍奮闘、ついに戦闘服を着て銃を持ちゴーグルをつけ、アラブ人で出入りする家へ塀を乗り越えて突撃!この家をアジトにして“汚い爆弾”でも製造し隠し持っているに違いないんだ・・・そう思って侵入すると、そこにただ寝たきりの婆さんが寝ているだけだった。途方に暮れるポール。ヴィム・ヴェンダースは、イラクが大量破壊兵器を隠し持っていると世界に発表して、国連決議もないまま侵攻していった米軍は、まさにこのポールだといいたいのか。

わかるような、わからないような映画だった。ジョン・ディール演じるポールの真剣さと悲壮感、そして若干の滑稽さを漂わせているところが確かに見どころといえるかも。一方、ミシェル・ウィリアムズが演じているラナは、華奢な体つきと端正な顔立ちがガラス細工の人形のように美しいけど、その出生の奇妙さゆえに現実味に欠ける存在。宣教師の娘でありながら、キリスト教徒とイスラム教徒のどちらにも慈しみの気持ちをもっている理想的な女性・・・ということなのか?また、流浪の民らしいパレスチナからの亡命人兄弟をどう捉えればいいのか?僕には正直、腑に落ちない点も多かった。

後半の哀愁漂う夕暮れの場面を見てて、きっとヴェンダースはアメリカが再生することを祈る気持ちでこの作品を作ったのかなぁなどと思っていた。最後に伯父ポールと姪ラナがニューヨークに行ってグランドゼロを見下ろす。工事現場のようなこの景色を見ても不思議と何の感慨が湧いてこないなぁ、みたいなことを確かポールが言ったと思う。正直言って僕はほっとした。というのも、このグランドゼロには十字架が立っているからで、それが画面一杯に映し出されたらとどうしよう?と心配になったからだ。さすがにベンダースがそんな安易な象徴に頼らないことがわかって、ほぉっと安堵。
| 2005年10月の映画 | 09:24 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 09:24 | - | - |
コメント
はじめまして!TBさせて頂きました。
この映画、ヴェンダースは9.11後のアメリカに対してメッセージを混めて作ったのだとは思いますが、単純に病んだ男と無垢な少女の邂逅の物語として僕は味わいました。
両者に向けるヴェンダースの暖かい眼差し、僕は結構好きです。
| Ken | 2005/11/05 12:48 PM |
コメントありがとうございます!私は9/11が起こるちょうど2年前の1999年9月11日にニューヨークの貿易センタービルにいったことがあり、また今春にグランドゼロをみにいったりしたので、ちょっとその方面の見方をしすぎたのかも。
図式的に見るのはよくないと自分で思いながら、そういう見方をしてしまったのはよくなかったかもしれません。
ヴェンダースは好きな監督です。彼は直接的なメッセージを映画にこめているわけではありませんよね。対照的な二人の主人公の出会いをじっくり見つめて、それぞれの観客が心の中でそれぞれに答えを引き出すことを望んでいるのでしょう。音楽がよかったし、少女がビルの上でウォークマン(iPod?)を聴いているシーンも好きでした。
| jokigen | 2005/11/07 6:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/450
トラックバック
【映画】ランド・オブ・プレンティ
"Land of Plenty" 2004年アメリカ/ドイツ監督)ヴィム・ヴェンダース出演)ミシェル・ウィリアムズ ジョン・ディール満足度)★★★★ (満点は★5つです) シネカノン有楽町にてアメリカで生まれイスラエルで育ったラナ(ミシェル・ウィリアムズ)は、唯一の
| セルロイドの英雄 | 2005/11/05 11:50 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/15 2:02 PM |