CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< ミュージカル「マンマ・ミーア!」Mamma Mia! (BROADWAY MUSICAL) | main | 映画「サイドウェイ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画『コーヒー&シガレッツ』
一昨日、夜の6時半、渋谷の道玄坂を歩いていた。ある仕事関連のプレゼンを終えたあと、多少緊張のせいで疲れてぼおぉっと歩いていると、渋谷セゾンの看板が目に入った。ここで、NYに旅行する前に『コーヒー&シガレッツ』を見たんだった。そして、受付で売られた500円のポスターがずっと気になっていた。英語のタイトルの下に、柔らかい光がコーヒーカップの並ぶテーブルと頬杖をして煙草を吸う女性を柔らかく照らしている写真があるポスター。立ち寄りで買って帰るのに、いい機会と思って、エレベーターに乗ると、この映画が再度見たくなった。特に物語が面白い映画ではない。ひょっとして、眠くなるかな、と思いながら、つい入場して映画館の座席についた。

別々に撮影された十一の挿話で構成されたジム・ジャームッシュの作品。荒い白黒の映像。登場人物はたいてい薄くてまずそうなコーヒーを飲んでいる。取りとめのない会話。オチの見えないジョーク。一度か二度、眠くなりながら、最後まで気持ちよく見ていられた。

コーヒーカップが置かれたテーブル。向かい合って座る登場人物たち。なにかを言いかけて、話がまとまらないまま、会話が途切れる。タバコの白い煙がモノクロの画面に漂う。また、誰かがカップを口に持っていった。コーヒーを啜る音が響く...煙がたゆたうように、時間の流れが停滞している。
実際、この作品は長い期間に別々に撮影されているので、その映画の中で時間の流れが停滞しているのも当然かもしれない。冒頭のロベルト・ベニーニとスティーヴン・ライトのシーンは最も古く1987年撮影とのこと(なぜかいちばん鮮明な映像のような気もするけど)。ルネ・フレンチという妖しい美人が通販雑誌(女性向じゃない商品ばかり!)をぴらぴらめくっているシーンは、クラシックな雰囲気を感じさせるものの、別段何かが滑稽なわけではない。ただ、何となくビリー・ワイルダーの白黒映画のような雰囲気が漂うだけだ。

とにかく、とてもイカれている。今時、タバコばっかりすっている場面を出す映画はない。自分も吸わない。でも、映画としては絵になっている。そういえば、前に渋谷の文化村内の本屋で、白黒映画のタバコを吸うシーンばかりを集めた写真集を立ち読みしたことがあったっけ。マレーネ・デートリッヒやハンフリー・ボガードがシガレットを加えていた。往年の俳優たちが煙草を燻らすシーンばかりを集めた写真集。みな白黒だった。そう、黒い背景に白い煙が漂う場面は、それだけで美しい。

カップの並んだテーブル、そのテーブルを挟んで向かい合う男と男、女と女、または男と女。彼らの顔。心地よいリズムでつながっている。そして、流れる音楽のムードのよさ。

じっと映画をみていると、僕は登場人物たちと一緒に、あの香りの欠けたアメリカン・コーヒーを飲みながら、タバコの煙がくゆるカフェにいるような気がしてきた。そして、カフェインの摂取しすぎは、脳に変調をきたすのか。単調なリズムに見える会話も、後半はかなり脱線ぎみに進行していく。ビル・マーレイがポットからぐいぐいとコーヒーを直接口に流し込んでいた。奇妙!火花を発する変圧器の実験でクールに行う若い男女の会話はさらに奇妙だった。

最後の場面。老人に近い年齢の男ふたりが、半地下の薄暗い休憩室に作業服姿で静かに椅子に座っていた。一方の老人の耳にマーラーの曲が聞こえてくる。“ほら、マーラーが聞こえるだろ?” “この飲んでいるコーヒーがシャンパンのような気がしてこないか?” この場面は、鮮烈に“死”を予告しているように感じられる。そのじいさんは、最後に“ちょっと昼寝”といって、眠り込んでしまう。まるで、そのまま老衰死してしまうかのように。だとしたら、なんて、平和で幸せな死だろう・・・

美しいラストシーンだった。最近見、喉に引っ掛かる食べ物を無理に胃に押し込んでいるような違和感がある映画ばかり見ていたような気がする。こんなに自然にラストが目と心に染みこんできたきた映画はほかにない。ポスターを買って映画館を出たあと、日頃の生活の疲れも失せて、すっかり元気がでてきたのは、いやうれしかった〜。

ちなみにコーヒーは、飲めば飲むほど肝臓ガンの予防効果がある。これは確かな筋の話。
| 2004年5月の映画 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 01:01 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/387
トラックバック
コーヒー&シガレッツ
Coffee & Cigarettes 待望のジャームッシュの新作はコーヒーとタバコがテーマ。ジャームッシュ特有の会話センス、ジョーク、ユーモア、シニカルな笑いは健在。このジャームッシュ節をそれぞれの出演者が上手に魅せてくれる。クセ者から有名人までいろんな人が登場す
| 単館ロードーショーを追え! | 2005/05/20 8:21 PM |
「ELEPHANT」ザ・ホワイトストライプス
俺は煙草は吸わない。コーヒーも飲まない。煙草を吸った人とのキスはおばちゃんとしてるみたいで嫌いだし、コーヒーを調子に乗って飲み過ぎると手足が冷たくなって震えが起こる。吸ったりコーヒー味だったりするものは、パピコだけで充分だ。そんなお子様感覚を未だ引き
| 君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮) | 2005/05/25 2:11 AM |