CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

<< トラベリング・ウィズ・ゲバラ | main | 映画『ファイティング・テンプテーションズ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アルタン “Ceol Aduaidh”
プランクトンから3月21日のアルタンのチケットが届いた。嬉しい。渋谷の目立たない場所でのたった一日のライブ。12月にコンサートに行った記憶がまだ新しいのにもかかわらず、なんかじ〜んとくる。僕とアルタンは切り離せないらしい。それで、これから、「アルタン認知度向上委員会」というカテゴリーを作って、アルタンのCDの自己流ライナーノートをアップすることにした。

ダブリンの公立小学校の教師をしていた二人、マレード・ニ・ウィニーとフランキー・ケネディーが、マレードの出身地ドニゴール地方の伝統音楽を独自の感性で演奏・録音したのが、"Ceol Aduaidh"。キョール・アドウェイとあるサイトでカタカナ書きされていたが、ほんとうの発音はどうなんだろう?日本で販売されていた時は、『北の調べ』というタイトルがついていたと思う。ゲール語(アイルランド語)を僕は解さないので、意味は不明。

ひとつひとつの音に二人の青春の想いが感じられる。すでにリズムパートをブズーキのキーラン・クランが担当しているほか、エンヤも1曲のみだが演奏に加わっている。"An Spealadoir"というゲール語唱歌には日本の童歌を聞くような可憐さがあって、すでにマレードのヴォーカリストとしての才能が花咲いている。雪解けの水が流れるのを聞くような爽やかさがダンス曲から感じられる。

| アルタン認知度向上委員会 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:25 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jokigen.jugem.cc/trackback/352
トラックバック