CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2005年のベスト映画、勝手にノミネート
2005年にみた外国映画のなかで、素晴らしいと思ったものを十個とりだしてノミネートするという、作品を普段から点数や星の数で評価付けしない僕にとっては、とっても苦しい試み。無謀だけど、いい加減にやってみた。
ある子供
アワーミュージック
運命を分けたザイル
キング・コング
コーヒー&シガレッツ
五線譜のラブレター De-Lovely
そして、ひと粒のひかり
ターミナル
ドッジボール
ビフォア・サンセット
ふたりの5つの分かれ路
やさしくキスして

できるだけ、2005年に国内の映画館(ロードショー・単館)でみたものから選んだつもりだが、気がついたら10を超えていた。新作じゃなくていいのなら、「ロバと王女」も加えたいところ。
こういう風に列挙すると、自分の”クセ”がわかる。ケン・ローチ監督の「やさしくキスして」なんて、周りではあんまり評価されていないようだ。僕自身も感想文すら書いてなかったけど、ずっと心の中で引っ掛かっている作品。
一般公開されてないものなら、個人的な衝撃度では山形映画祭でも上映された「ダーウィンの悪夢」をあげたいところ。とにかく、こういうのの選定って困る。さて、順位をつけろっていわれたら、どうしたらいいのだろう?
| 2005年の映画 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
2005年に見た映画リスト(日本映画)
前回の2005年に見た映画リスト(外国映画)に引き続き、2005年に見た映画リスト(日本映画)をつくってみた。僕個人としてはわりと日本映画をよく見ている方だと自認していた。しかし「日本インターネット映画大賞」のリストで印をつけてみると、意外にも見ている確率が外国映画より少なかった。ええ、こんなにたくさんの作品が制作されていたの???
そういえば、雑誌「Invitation」年末号には「日本映画はバブルなのか?」というタイトルの特集があったことが思い出される。
以下は、2005年一般公開日本映画の中で僕自身が鑑賞したもので、いちおう、その中でも印象的だった作品は、
犬猫」「運命じゃない人」「サヨナラCOLOR」トニー滝谷 」「メゾン・ド・ヒミコ」「リンダ リンダ リンダ
といった作品。
続きを読む >>
| 2005年の映画 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2005年に見た映画リスト(外国映画)
2005年に自分はどんな映画をみたんだろう?情けないことにすぐに浮かんでこない。前はぴあの年末号に一年間公開された映画のリストがあったけど、ここ数年みかけないような気がする。仕方なく、ネットで検索すると、「日本インターネット映画大賞」というものがあって、外国映画と日本映画のリストが掲載されていた。さっそく、これをチェックしてみた。
見た映画に印をつけていくとき、見たのか見てないのかすぐに判然としないものがある。脳裏に浮かんできたシーンは、予告編を繰り返しみたせいで、刷り込まれてしまったらしい。本編を見ていないのに見た錯覚が起こるから不思議だ。見た映画のタイトルをコピペしてみた。初めて見ると大変な作業。欲をだして、感想文までリンクさせて・・・うぅ、こんなこと始めなきゃよかった!
続きを読む >>
| 2005年の映画 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |