CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ミュージカル「マンマ・ミーア!」Mamma Mia! (BROADWAY MUSICAL)
以下は、4月末にニューヨークで見たブロードウェイ・ミュージカル『マンマ・ミーア!』を思い出しての感想。

セントラル・パークから歩いてすぐの友人のアパートに滞在できたに感謝しながら、NY滞在最後の夜にブロードウェイへミュージカルを見に行った。なにも、ニューヨークだからミュージカルを見なくちゃ、とうわけでもないけど、日本ではあまりこの手のものを見に行かないので、ちょうどいい機会だ。話し合って、作品は『マンマ・ミーア!』に決定。僕らはABBAの全盛期('70年代)が青春に重なるというほどの年齢じゃないけど、まあ共通のバックウランドではあるから。(←よく考えたら、モロに重なっていた。つい、年齢を下に見せたい意図が出てしまって・・)

ブロードウェイでミュージカルを見るというとカッコいい感じがするけど、実際にはアメリカの大衆演劇を見るという感じ。劇場も古くて小さく、はっきりってボロい。日本でいったら、歌舞伎座に行くような感じ。その分、ステージと客席がとても近く、親近感が感じられる。今回はロンドンで初演されたという『マンマ・ミーア!』を見ることにしたけど、当日に決めたので予習なし。とりあえず、座席は1階の左端だけど舞台から10列めぐらいだったから、よく見えた。プログラムに挟み込まれた紙片に「今夜のソフィ・シェリダンの役は、MEGHANN DREYFUSによって演じられます」とあった。通常のキャストと主役が違うらしい。ステージが始まって登場した主役ソフィ。童顔でとても若く見えて、びっくりした。ちょっとみるとティーンエイジャーっぽく、上戸彩の肉付きをよくしたような感じ。爽やかな元気さが小柄な体全体から弾けでていた。ぐっと胸に思いを秘めて、彼女が郵便を投函するシーンから始まった。そこへ彼女の友人二人が登場し、会話が始まる。僕は英語をすべて聞き取れないけど、まあストーリーの流れだけは追いかけられた。

20歳の娘ソフィと母親のドナがギリシャの小島で民宿を経営。ソフィは結婚式間近。ドナはステージシンガーの前歴を持つシングルマーザー。父親の参列はない。でも、バージンロードで一緒に歩いてくれる父親がほしくて、ソフィは母親ドナの若き日の日記を盗み読む。ちょうど20年前に恋人が3人いたらしい。サム、ハリー、ビル。私のダディは誰?会ったことないし、お母さんは話してくれないし。だったら、3人とも結婚式に招待しちゃえ!という発端で展開する物語。最初に投函したのは、その3つの招待状。
続きを読む >>
| Jokigen goes to NY!! ニューヨーク2004 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(2) |
アメリカ社会を映し出すワイズマンのドキュメンタリー映画をもっと見たい
Bronx Zooニューヨークへの小旅行から帰って、ブロンクス動物園の感想を書いていると、フレデリック・ワイズマンの映画のことが気になりだした。ワイズマンは、マイアミのメトロ動物園での日々の出来事を詳細に映し出した「動物園」を1993年に製作していて、これがとても面白かったからだ。ワイズマンは「動物園」を観客側から見える部分だけでなく、裏方の飼育スタッフか管理者の視線でも捉え、各部署が連携しあって形作られる一社会のように描きだしていた。生きること、生殖すること、死ぬこと、食べること、そして食べられること。それらが緊密に結びつきあって見える「動物園」という世界。

Central_Parkワイズマンのフィルムグラフィーを見ていると、なんと『セントラル・パーク』という作品も1989年に製作している。ニューヨーク市公園課のスタッフたちの仕事ぶりと、セントラル・パークを訪れる市民たち、そこに生じる様々な問題について描いているという。IMDBによれば上映時間176分の長編ドキュメンタリー。きっと批評家の評価が高くなかったので、海外に知られなかったんだろう。でも、僕はとても興味津々で、ぜひ見てみたい。なみおか映画祭の人がフィルム買ってきてくれないかな。
続きを読む >>
| Jokigen goes to NY!! ニューヨーク2004 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
クロイスターズ美術館 The Cloisters
クロイスターズ寺院クロイスターズは、メトロポリタン美術館の別館にあたり、マンハッタン島の北端近くの丘の上にある。要塞跡があって、かつて英国軍とジョージ・ワシントン率いる独立軍がはげしい戦闘を繰り返した場所という。ひとつの教会がそのまま美術館で、ここにヨーロッパ中世の美術品が集められている。
クロイスターズ寺院9世紀にフランス南部ピレーネ地方に建てられた教会の回廊。それが、このニューヨークにあるのは、なぜ? 19世紀に入ってうちから、捨てられたままだった教会は屋根も崩れ、廃墟と化していたらしい。それの一部をアメリカ人が買い取って、ここに遺構したのだった。歴史の浅い合衆国にも西欧の伝統美術品を集めようと、まさに金にものをいわせて、買い漁ってきた米国人たちの執念たるや、すごいものがあると感心させられる。教会のパトロンだった貴族の石棺まで大西洋をまたいで運びこんでいた。
続きを読む >>
| Jokigen goes to NY!! ニューヨーク2004 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブロンクス動物園 Bronx Zoo
Bronx Zoo 4月の暖かな陽光が降りそそぐブロンクス動物園。散策して、ほんとに楽しかった。なんて面白い動物園だろう。

マンハッタンから地下鉄で20分ほどで、高架線の駅East Tremont Ave/West Farm Squarにつく。ここから歩いて10分。通常のNY観光コースからはずれるけど、ここは Wild Life Conservation Society(野生生物保存学会)の中核機関で、アーティスティックに動物を見せる方法を、他動物園に先駆けて導入した動物園。
今度、ニューヨークに行ったら、必ず行ってみようと思ってた。
続きを読む >>
| Jokigen goes to NY!! ニューヨーク2004 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
グランド・ゼロ Ground Zero
ground zero
911のテロによって破壊された世界貿易センタービルの跡地。崩れたビルの鉄骨が墓標のように十字架の形で残されている。

誰が、この墓標をつくって、ここに置いただろう。当時は多くの鉄骨の残骸があったのだが、この形に宗教的な意味を読み取った人が、あえてこれだけを残したのか?それとも、合衆国の人々の追悼の想いが、死者の無念さが、十字架の形に表れたのか?

ground zeroグランド・ゼロの囲む鉄柵に設置されていた写真付きパネルの説明には、宗教的な色彩はないようだった。このグランド・ゼロには、様々な宗教に属する人がやってくる。ここに立った人は、この墓標を見て、何を思うのだろう?

このおじさんは、はじめは物売りと思ったが、違った。写真を見せながら、子供を相手に力のこもった口調で、9月11日に起こった出来事を話し聞かせていた。未曾有の出来事を伝える語り部として。
| Jokigen goes to NY!! ニューヨーク2004 | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
セントラル・パーク Central Park in NY
セントラル・パーク
今まで、わりと人並み以上にほうぼうへ旅行にいった。自慢するわけじゃないけど、海外旅行が話題になると、つい、アイルランドはこうだったとか、エジプトの紅海はああだっととか話してしまう。で、改まって『今まででいちばん、思い出に残った旅先は?』と聞かれると困ってしまうのだけど、僕は「ニューヨーク!」と答えてしまうことが多い。そんなとき、話し相手は意外な表情をみせる。よりにもよってニューヨークがいちばん思い出深い場所だって?!この街の名前は、あまりにも、平凡に響くらしい。
続きを読む >>
| Jokigen goes to NY!! ニューヨーク2004 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
無事、チェックイン
ブラッド・マネー
心配するほどもなく、無事ニューヨーク行きのチケットを渡され、チェックイン。E-TKTとハンコが押されている。Eチケットの導入で簡便になったらしい。
出発前にI・PODにトム・ウェイツの「ブラッド・マネー」を入れておいた。あの渋い声で発せられた“Misery is the river of the world”の叫びはぐっとくる。ベルクのオペラ「ヴォツェック」を下敷きにした、このウェイツ流暗黒世界の力強さは、今の僕には元気の源になるかも。これから、12時間以上のフライト。ああ、しんどそう。通路際の席を取れてほっとして、成田空港の十分で百円のインターネット・カフェで暇つぶしていている。
最近、不条理ものと縁が深いかも。カフカの「審判」を読み始めたら、昔格安で買ったオーソン・ウェルズの映画化作品「審判」のカセットビデオを見てしまったし。「真夜中の弥次さん、喜多さん」も原作は不条理世界がレアルに展開していて、引き込まれた。あのじめっとした肌合いが、なぜ映画化されたら、乾いた笑いになってしまったのか?と不思議。
まあ、とにかく、旅行中はあまり不条理なことが起こらないことを祈るばかり。でも、海外旅行中に妙な事件が起こること多いんだな。
| Jokigen goes to NY!! ニューヨーク2004 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
NYへ行く(ちょっと不安)
今日からニューヨークに住む友人の家に4泊してくることに。

今回のエアチケット、H社のウエッブサイトで格安航空券を予約した。ゴールデンウィーク前の中途半端な時期ということもあって、なんと破格の3万5千円!

でも、空港税やら燃料費高騰のための追加料金やら消費税やらと、なんやかや足されて、支払い総額は5万と5百円になった。
続きを読む >>
| Jokigen goes to NY!! ニューヨーク2004 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |